HDR/WCG

HDR/WCGの可視化とテスト

4K/UHDとHDの両方のアプリケーションで、ハイダイナミックレンジ(HDR)とワイドカラーガモット(WCG)コンテンツの採用が加速しています。HDRは輝度の範囲が広く、明暗の要素がより詳細になるのに対し、WCGはテレビ画面に表示される色の範囲がより広くなります。この2つを組み合わせることで、今日の放送テレビよりも快適で没入感のあるコンテンツを提供することができます。

視聴者により魅力的でリアルな視聴を提供する一方で、HDRとWCGは、放送局や技術メーカーにとって、映像の明るさと色空間の管理という新たな課題をもたらします。

従来のスタンダードダイナミックレンジ(SDR)ITU-R BT.709と広色域のハイダイナミックレンジ(HDR)ITU-R BT.2100の両方でライブ映像を同時に撮影するには、さまざまな課題があります。これは、カメラ、リプレイ、グラフィックスなど、SDR/709とHDR/2100のソースが混在している場合に特に当てはまります。

これらの問題に対処するために、HDR および WCG 対応の施設のための高度な可視化、解析、監視ツールのセットが必要であり、ビデオデバイスのコンプライアンスをテストする必要があります。

PHABRIX HDRソリューション

Qx シリーズ - コンプレッシブHDR解析ツールセット

高度なHDRツールセットには、シグナルジェネレーター、CIEチャート、Luma擬似カラーハイライト(ヒートマップ)、波形モニター、ベクタースコープが含まれています。波形は、BT.2048の拡散白色マーカーとともにCd/m2(nits)グラトリキュールを提供します。ヒートマップは、7つのプログラム可能なカラー・オーバーレイ・バンドを同時に提供し、HDRおよびSDRレンジのプリセットとユーザー・カスタム・プリセットを提供します。CIE 1931 x,yディスプレイは、BT.709、BT.2020、ST.2086色域(P3)のオーバーレイを提供します。

Qx シリーズ - 拡張フォーマットサポート

主要な放送用SDRおよびHDR制作フォーマットをすべてサポートしています。スタンダードダイナミックレンジ(SDR)BT.709、BT.2020、HDR BT.2100 HLG、PQ、ソニーS-Log3、SRライブ。

Qx シリーズ - テストパターンの拡張セット

テストパターンには、HLG、PQ、SR Live用のBT.2111 HDRカラーバーや、4つのHDRフォーマットそれぞれに「ディスプレイライト」を介してマッピングされたSDR 709パターンのフルセットが含まれており、ラインチェック、比較モニターのセットアップ、HDRからSDRへの変換器の評価に使用できます。

Qx シリーズ - より広い産業界への参画

PHABRIX 今後もHDRの試作に積極的に参加し、この知識を製品のロードマップや業界横断的な対話、運用ガイドラインの策定に役立てていきます。

関連製品

CASE STUDY: PHABRIX BT Sport Ultimateの発売に先駆けてHDR試験をサポート

PHABRIX Ltd.は、BT Sport社との9ヶ月間にわたるHDR技術トライアルを成功裏に終了したことを発表しました。BT Sport社がHDR、UHD、Dolby Atmosに対応した新しい提案「BT Sport Ultimate」の発売に向けてライブ制作ワークフローの開発と改良を行う中、BT Sport社はQx ラスタライザと技術的専門知識を提供してPHABRIX サポートしました。これには、モバイルデバイス向けのBT SportアプリでのHDRも含まれます。